Bootstrap3-フォント設計の見本-8種類のタイポグラフィで読み比べ

Bootstrapは、便利で使いやすいフレームワークですが、標準のままでは、日本語は読みづらいですよね。そこで、制作する際には、日本語でキレイに表示されるように調整いたしますが、フォントが代わるとやはり、印象も変わってきます。
よく利用されるWEBフォントをBootstrapに導入すると、どんな風になるのでしょうか?8種類のタイポグラフィで読み比べて見ましょう!

Bootstrapにおける、文字レイアウトの初期設定

Bootstrap3におけるデフォルトのフォントサイズは、14px。 行間(line-height)は、1.428です。
デフォルトの見出しには、font-weight: 500;  line-height: 1.1;  color: inherit;がセットされています。
フォントサイズは以下の通り。

  • h1,.h1 {font-size: 36px;}
  • h2,.h2 { font-size: 30px;}
  • h3,.h3 { font-size: 24px;}
  • h4,.h4 {font-size: 18px;}
  • h5,.h5 {font-size: 14px;}
  • h6,.h6 {font-size: 12px;}

全く調整なし、初期設定のままの場合

英語
日本語

一般的なブラウザ用として、フォント&文字サイズ&上下余白、スマホ用にタップエリアなどを調整した場合

英語 Arial
日本語 游ゴシック優先

多言語フォント Noto Sans

Noto Sans 英語
Noto Sans 日本語

その他のWEBフォント 英語

Quicksand
Lato

その他のWEBフォント 日本語

Typebank TBちび丸ゴシックPlusK Pro R(Typekit/Typesquare)
モリサワ A-OTF UD新丸ゴ Pr6N (Typekit/Typesquare)
モリサワ A-OTF UD黎ミン Pr6N (Typekit/Typesquare)