STYLE WITH STRATEGYLPを作って集客する

LPとはランディングページの略で、広告をクリックした際に表示されるページのことです。
ユーザーはまず最初に、Twitterやinstagram・グーグルなどで広告を目にします。広告のタイトルが気になったり、デザインに惹かれた時にその広告をクリックしますが、そのクリックした先に表示されるページのことをLP(ランディングページ)と呼びます。

当然ですが、誰も広告をクリックしなければ、LPには一人も訪問して来ないという事になりますので、運用方法まで考えてLPを制作する必要があります。


下のボタンから全体の流れをまとめたPDFをダウンロードいただけます。

《1》LPの基本

目的を絞る/リンク先を複数入れない/運用が必要/WEBサイトの一部ではない

《2》企画する

プランを練る/構成を考える/コンテンツを考える/デザインの要望を考える

《3》準備する

仕様を決める/原稿を書く/写真を準備/メールフォームなのか?カートなのか?/受発注先とミーティングする

《4》制作する

FV(ファーストビュー)で惹きつけ、申込みボタンを押してもらえるように目立つボタンを配置し、1ページにまとめ、必要以上の文章や画像を入れないこと。

《5》運用する

リスティング広告/リマーケティング広告/SNS広告/ディスプレイ広告/動画広告・タイアップ広告・純広告

Brand styling and web design


上流行程から制作まで。WEB工程をワンストップで。


WEBサイトができるまでの全行程をワンストップで対応いたします。ターゲット設定や競合調査、デザインコンサルなどを上流工程を経て、制作までを担当いたします。