Contact us
   Blog

WordPressの常時SSL設定代行

WordPress常時SSL化

WordPressサイトの「常時SSL化」の設定を代行をお引き受けいたします。

2018年の7月1日以降、この時までに常時SSLが済んでいないサイトに対して、Googleが「保護されていません」という警告文を表示するようになります。
さらに、Googleは、7月、9月、10月と段階を踏んで、http〜で始まるWEBサイトに対して、徐々に厳しい警告を表示する予定になっており、今後、御社のWEBサイトがGoogleから安全なサイトであるという評価を得るためには、必ず必要になる作業です。

これまでも、WEBの世界ではHTTPSが標準になりつつありましたが、今後、Googleは検索から排除してしまう方針で、どんどんプランが進んでいる状況です。WEBサイトの常時SSL化は、もう待ったなしの状況にあるといえるでしょう。

そこで、WordPressを利用しているWEBサイトの運営者さまに代わって、ややこしいWEBサイトの「常時SSL化」の設定を代行をお引き受けいたします。

wordpress常時SSL化の流れ

STEP01

  • すべてのバックアップを取ります。データベースも含みます。
    (WordPressのプログラムファイルをFTPでダウンロードし、データベースをphpMyAdminでエクスポートしておきます。
    ここでは、万が一の場合を想定して、極力プラグインは使いません)

STEP02

  • WordPress本体とプラグインをすべて最新の状態にします。
    ※古いプラグイン(開発が止まっているもの)は常時SSLに対応していない場合があります。

STEP03

  • 常時SSL化したいWebサイトへSSLサーバ証明書をインストールします。

STEP04

  • CSSやテーマ/プラグインなどの内部のパスの記述が「http://」になっている箇所は、「https://」に修正します。
    ファイルの移動やドキュメントルートの設定が必要なサーバーの場合はそれを行います。

STEP05

  • WordPressの設定を行います。
  • サイトURLの変更を行います
  • SSL化プラグインを導入
  • 投稿や固定ページなどの記事のソースに含まれる内部リンクや画像パスを「https://」に修正する必要があります。枚数がおおければそれだけ作業が大変になります。

STEP06

  • ブラウザでSSLエラーをチェックします。
  • テーマをチェックします。
  • ウィジェットやナビ、アイコンなどをチェックします。

STEP07

  • HTTPSへのアクセスに一本化します(htaccessにリダイレクト用のコードを追記します)

STEP08

  • 完了です。作業完了後も、14日間はエラーがあれば、随時修正します。

wordpressSSL切替作業

設定費:48,000円(税抜)
STEP01〜08までの作業の代行
SSL証明書はご準備ください

まだ、常時SS化を導入していないというWEBサイトの運営者さまは、ぜひ導入をご検討下さい!

[contact-form-7 404 "Not Found"]

ご準備いただくものがあります

・SSL証明書
・WordPressのログイン情報
・FTP情報
・WordPressテーマについての情報があれば事前にお知らせいただくとスムーズです。
・その他、サーバーの管理者情報、データベースへのログイン情報などが必要です。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

参考記事

[sc name=”contact” ]

Follow me

エフェクチュエーション×ビジネス実践×チームビルディングの試み

素敵なコンテンツはステキなお手紙になる!広報担当者が居ない中小企業をサポートします。チームを組んで活動するチームランス方式を採用しています。おそらく日本でも初めての試みとなる、エフェクチュエーション理論を取り入れたビジネス実践活動のチームです。

ShiroyagiKuroyagi