diary
日常使うもの、着るもの、サービス、目に留まる風景、スケッチ、アイデア、宮崎県小林市に住んで思うこと、本を読んで思う私評などを綴る、私的なダイアリーです。



今日、久しぶりに、過激な暴走トラックを目撃しました。

今日、久しぶりに、過激な暴走トラックを目撃しました。
前の車をさんざん煽ったあげく、猛スピードで赤信号無視をするという、走る凶器ぶりが凄かったです。

赤信号があった横断歩道には、部活帰りの高校生がたくさん立ってまして、
見ているこちらがヒヤヒヤしました。

雨も降って、視界も悪い中、学生さんたちが渡ろうとしているところを、
減速もせずに突っ走るなんて、危なすぎます。

そのトラックには、《株式会社熊本○流企画》と書いてありました。

* * * * * * * * 

たとえば、
「殴るぞ」と言って相手に怖い思いをさせただけで、脅迫罪が適用になることがあるそうですが、

それに比べ、信号無視は、現行犯でないとダメなのだそうです、
たとえ、誰かのドライブレコーダーに映像が記録されていてもです。

なにか、腑に落ちません。

改めて思いましたが、故意に信号無視するって、無差別テロと一緒です。
偶然居合わせただけの人が死にます。

今日は、たまたま誰も被害に遭わなかっただけで、
脅迫よりも、危険度が高いのではありませんか?

何のためのドライブレコーダーなんやら。

* * * * * * * * 

煽るような乱暴な運転や、信号無視を繰り返す人は、
自制が効かない、暴力的、気が短いなど、

ある程度、性格に共通点があり、
運転者適正診断で割り出すことができるものだと、思っていました。

だけど、実際は、狂気な車は走ってるし、、、不思議です。

本当に危険なドライバーを取り締まろうと思ったら、もう、今のルールのままではダメなのでは?
せめて、せっかくのドライブレコーダーの技術が、交通違反の取締に活かせるようになったらいいと思います。

たしかに電子データは改ざんというリスクがあるけれど、
世の中で発生してる、捕まらない信号無視の件数よりは、ずっと低いはずですよね。

なにより、記録の存在が抑止力になって、証拠がなければ無法地帯、という状況を改善できるのではないかと思います。