第一章:何のためにホームページを作るのか-1

ホームページの存在理由

何のためにホームページを作成するのでしょう?

どんなにおしゃれな外観のお家だって、水が出なかったり、ガスが点かなかったりすれば、住めないのと同じで、ホームページがどんなに素敵に出来上がっても、その目的を達成できなかったら、意味がありませんよね。やはり、何か夢や目標や目的があって、ホームページを作るのですから、目的を達成するホームページ ができあがるように取り組む必要があります。

ホームページで何がしたいですか?紙ではだめですか?

ホームページを作成するのは、何をしたいからですか?自分の中で、はっきりとしたビジョンがありますか?

ビジネスのためなら、商品やサービスを告知するため、販売のため、消費者とのコミュニティーとして、人材採用のため。趣味やサークルなら、活動の報告のため、仲間集め、情報共有の場・・・などなどが多いのではないでしょうか。

しかし、それは、紙ではできないのでしょうか?イベントの告知なら紙でも名刺でも良いのではないでしょうか?

WEBでしかできないことをしよう

まずは、目的があって、デザインがある。

WEBサイトのデザインは、その目的を達成するために、ぴったりのものであるのが望ましいのですが、それに加えて、紙ではできない色々なことが、WEBならできるのです。せっかくWEBサイトを制作するなら、紙ではできないことをしようではありませんか。

紙ではできないWEBならではのことをリストアップしてみました
  • お問い合わせをメールで受け取りたい
  • お見積を画面上で計算させたい
  • 商品紹介を動画や、写真が次々と変わるスライドショーでPRしたい
  • 試合のネット中継をしたい
  • 動くコンテンツをユーザーに楽しんでもらいたい
  • 動画を配信したい
  • 絵画の解説を音声で案内したい
  • ユーザーとのコミュニケーションをとりたい
  • SNSと連携したい
  • アンケート調査を実施したい
  • ネットショップを開きたい
  • ユーザーごとに画面のインターフェイスを変更したい
  • WEBで会議や打ち合わせがしたい
  • 株価、天気などをリアルタイム更新したい
  • 会員だけにマイページを設置したい
  • 家具の配置やカーテンの色など、シミュレーションコーナーを設けたい

こんな風に、WEBならではの機能とは、探せば、沢山あるものですね。ここに挙げてあるもの以外にも、あなたならではのWEBで展開したいこと!が必ずあるはずです。せっかくなら、チラシやパンフレットを転載しただけの、単なる、会社案内の電子版にしてしまうのではなく、WEBだからできることをやりましょう。

次は、あなたの目的は何ですか? です。


この記事は、2014年12月までサイトで公開していた「制作リファレンス」という記事を再考し、新しい情報を加筆して掲載し直したものです。