Contact us
   Blog

Blog

WordPressで特定のカテゴリーにだけパスワード制限を設けたい(その1)

WordPressには標準で、記事のパスワードロック機能が付いていますが、記事単位ではなくて、カテゴリー単位で制御したい時がありますよね。
会員にのみ公開したい記事が、複数ある時や、文書を配布したい時など、カテゴリー単位でパスワードをかけたいと思う場面は多いと思います。

しかしながら、そもそもWordPressのカテゴリーには、フォルダが存在しません。 カテゴリーというグループがまるであるかのように、URLをシミュレートしているだけです。

パスワードロックが正常に動くようにするために、ロックするカテゴリーの記事は、複数のカテゴリーにまたがっていたりしないように配慮しましょう。

《その1》PHPの条件分岐を使ってBasic認証をかける

まず、パスワードロックするカテゴリーを作ります、作成したらそのカテゴリーIDをメモしておいてください。

functions.phpにソースを追記

WordPressでBasic認証を有効にするために、functions.phpに以下のソースを追加してください。

function basic_auth($auth_list,$realm="Restricted Area",$failed_text="認証に失敗しました"){ 
    if (isset($_SERVER['PHP_AUTH_USER']) and isset($auth_list[$_SERVER['PHP_AUTH_USER']])){
        if ($auth_list[$_SERVER['PHP_AUTH_USER']] == $_SERVER['PHP_AUTH_PW']){
            return $_SERVER['PHP_AUTH_USER'];
        }
    }
 
    header('WWW-Authenticate: Basic realm="'.$realm.'"');
    header('HTTP/1.0 401 Unauthorized');
    header('Content-type: text/html; charset='.mb_internal_encoding());
 
    die($failed_text);
}

header.phpにソースを追記

次に、特定のカテゴリーの時だけ、パスワードロックをしたいので、その条件分岐をheader.phpに追加します。

<?php
if(!is_home()): 
if(is_category('17')) :
$userArray = array("admin" => "password"
);
basic_auth($userArray); 
endif;
endif;
?>

数字がカテゴリーIDです。ユーザーIDとパスワードは好きなものに変更してください。

.htaccessにソースを追記

RewriteCond %{HTTP:Authorization} ^(.*) 
RewriteRule ^(.*) - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%1]

これで完了です。制限をかけたカテゴリーにアクセスしてみて、IDとパスワードを要求されたら、成功です。


Join our Salon


WEBのお手紙しろやぎくろやぎ。大切な方にWebのレター「Web Letter」をお届けしませんか? 6月中旬頃に、3ヶ月無料モニター様を募集いたします。